暇人じゃない

MacBook の HDD を SSD に換装

先日から、MacBook(Uni-body / Late 2008) の HDD から異音がし始めていたので、今はやり(?)の SSD に換装してみました。 昔は高価だった SSD ですが、ずいぶん安くなってきたので、手を出しやすくなりましたね。

用意したもの

Intel X25-V(以下、X25-V)は、Intel から発売されているエントリー向けの SSD です。 容量は 40GB と少なめですが、価格は1万円弱と安価なことから人気になっています。

複数のビットを取り替える事ができる便利なドライバーセットです。東急ハンズ池袋店で、780 円でした。 僕の MacBook では、プラスドライバーとT-6トルクスドライバー(星型)が必要になります。 このセットだと、プラスドライバー/マイナスドライバー/T5〜T8 トルクスドライバーのビットが付属しています。あまり使用する機会はありませんが、持っておいて損はないかな?

実際に交換した

参考

手順

上記のサイトを見たほうが分かりやすいと思いますので、ここでは簡単に説明します。

感想

SSD に乗り換えたついでに、OS も Leopard から Snow Leopard にバージョンアップしました。 動作はとてもキビキビしています。容量には気をつける必要があり、音楽や写真などのメディアファイルを格納する HDD を1台用意しました。

これまで持ち運ぶ際には気をつけていたのですが、HDD のように駆動部分がないので、大きな衝撃以外は割と気を使わずに済むような気がします。

余裕があれば、X25-M などの 80GB 以上の SSD を購入した方が幸せになれると思います。

余談

この SSD には、別のマシンで使用していた Windows XP がインストールされているのですが、SSD から起動してみたところ、なんと Windows XP が起動してしまいました。

Bootcamp 経由でインストールしなくても起動することができるのにはびっくりしました。 当たり前ですが、ハードウェア構成が大幅に変更されているのでライセンスの再認証が求められ、ドライバも入っていないので使い物になる状態ではありませんでした。