暇人じゃない

東京 Ruby 会議 10 の 1 日目に行ってきた

(メインホールにて撮影)

午後から行って来ました。
Ruby 系のイベントに行くのは、多分初めてになるはず。

以下、発表のメモなど。 スライドの URL は気が付き次第追記していきます。

co-meeting の作り方(@yuya_lush さん)

感想: メンターという言葉を最近よく聞く気がします。メタプログラミング Ruby のビルとか。

Google Wave のオープンソースパッケージ(今は Apache Wave かな?) を使っているところはあるのかな?と思っていたのでびっくりした。

初心者エンジニアのシステム構築失敗談(@Spring_MT さん)

感想: DB が Master/Slave にわかれている環境や、複数ある環境におけるベストプラクティスみたいなものが知りたいですね。 (ぶつかる人多そうだし、どこかにありそう)

Rails向けモバイルアプリ開発フレームワーク Pera をリリース!(@mat_aki さん)

感想: デモで「iPhone 内の写真を S3 にアップロードする」という、「PhotoStock」というサンプルアプリを見たが、1 週間で開発したそう。 今後に期待ですね。 Rhodes というフレームワークがあることも知った。

The Everything Machine(@r7kamura さん)

感想: 一番印象に残った発表だったかも。スライドが綺麗でした。 僕も日常生活の中にもっと Ruby を取り入れていきたい。 1 週間で gem を作るなんてすごいなと思った。スピード感も見習いたいです。

本当はこわいエンコーディングの話(@tmtms さん)

感想: 最近文字コードでハマっていた僕としてはタイムリーな話題。 IO#read はエンコーディングを指定しないと ASCII-8BIT なんですよね、、、 全部 UTF-8 で扱うようになったらいいのにな。

Jenkins と分散ビルド(@shishi4tw さん)

感想: RSpec の分散ビルドとかどうやって分散させるの?と思っていたのだけれど、ラベルで色々できることを知ったので調べようと思います。

レシピ検索開発のレシピ(@makimoto さん)

感想:

COOKPAD には検索担当のチームがあるらしい。 Fluentd + Resque を具体的にどんな使い方をしているのか気になりました。

Rubyによるお手軽分散処理(@tmeb4 さん)

感想: Hadoop の HDFS の扱いが若干面倒だったので、Gluster FS を使うことで複数のストレージが束ねられて1つのストレージに見えるのは楽でいいなと思いました。 処理をパイプで繋ぐという考え方もシンプルで良いなと思いました。

できる!1人で作るWebサービス開発。(@shin_semiya さん)

感想: 自分から「コードをレビューしてほしい」と頼まないと見てもらえないよね、と。 あと、人の指摘は素直に受け入れよう! > 自分

Herokuでつくる50人のためのRailsアプリ(@yotii23 さん)

感想: 昆布?ワカメ?がもらえたなんて羨ましい… Heroku は楽でいいですよね。

日本酒評価サイトとxDD(@ginkouno さん)

感想: CurryBu であれば CDD(Curry Driven Development) か。お腹がいっぱいになりそうです。
CDD に BDD を組み合わせると良いかも!
CDD(Community Driven Development) を経験するのが今年の目標かな。

全体を通しての感想:

会場が千葉ということで、移動に 2 時間ほどかかりましたが、楽しかったです。
ノベルティに入っている4本のバッジを交換して、別々のバッジを揃えると特別なバッジを貰える!というキャンペーンがあったのですが、他の人と交換していく過程でコミュニケーションが生まれて良かったと思います。ちなみに黒バッジが手元に2つあり、まだ揃っていません。

今年の目標のひとつに「人見知りだけれど Ruby のコミュニティに参加する」というものがあるので、頑張りたいと思います。