暇人じゃない

jp_prefecture に英語版の README が追加された

jp_prefecture gem に英語版の README が追加されました。

@PeterTeng さんによるコントリビュートです。ありがとうございます。

「英語版の README があると嬉しいのかな」とは以前から思っていたのですが、 このライブラリは日本語圏のユーザーが多いだろうし、大変そう… ということで手を出せずにいました。

Issue の WHY が「海外の開発者が日本でサービスを立ち上げるときにも気軽に使えるようにしたい」ということで、 英語版の README を用意することで、海外の方にも検討してもらえる可能性ができたのはありがたいことです。

README は日本語と英語どちらを優先するか

Issue でやり取りしているように、GitHub のリポジトリにアクセスした時に表示される README の言語は どちらにするべきか悩みましたが、今回は日本語を優先しました。

README.md は日本語のまま、英語版の README_EN.md を作成し、README.md からリンクを貼りました。

特定の言語に大きく依存せず、汎用性のあるものであれば英語なのが望ましいと思うのですが、 このライブラリを使うユーザーは日本語圏のユーザーが多いだろうから日本語の情報を求めるのではないか、というのが理由です。

コードのコメントは?

コードのコメントは英語でもよいのかなと考えましたが、 それによってコントリビュートの敷居が高くなると良くないですし、しばらくは日本語のままにしておきます。

もしくは日本語と英語の両方で書くとかでしょうか。ごちゃごちゃしそうですね。

まとめ

jp_prefecture は日本語、英語、どちらも Issue や Pull Request 歓迎です!