暇人じゃない

Amazon Linux 2013.03 にアップデートした

Amazon Linux の 2013.03 がリリースされましたね。 恥ずかしながら気がついたのは 4 月に入ってからでした。

Amazon Web Services ブログ: 【AWS発表】Amazon Linux AMI 2013.03 が利用可能に
http://aws.typepad.com/aws_japan/2013/03/amazon-linux-ami-201303-now-available.html

ハイライトによると Kernel や OpenSSH がアップデートされたり、AWS Command Line Interface のプレビュー版が追加されたりしており良い感じです。
というわけで、Amazon Linux 2012.09 から 2013.03 にアップデートしてみました。

アップデートする方法なのですが、yum update を叩くだけですね。
(横幅が長いのですが…)

# yum update
...

Dependencies Resolved

=============================================================================================================================================================================================================================================
 Package                                                          Arch                                      Version                                                                    Repository                                       Size
=============================================================================================================================================================================================================================================
Installing:
...
 kernel                                                           x86_64                                    3.4.37-40.44.amzn1                                                         amzn-main                                       9.7 M
...

Updating:
...
 system-release                                                   noarch                                    2013.03-0.0                                                                amzn-main                                        22 k
...

Kernel は 3.4.37 にアップデートされます。 アップデート完了後、再起動すると Amazon Linux 2013.03 にアップデートされたことが確認できます。

# cat /etc/system-release
Amazon Linux AMI release 2013.03

ここで少しハマったのが、localtime が元に戻ったのか、OS のタイムゾーンが UTC に戻っていたことでした。

なので、localtime を JST に変更します。

# date
Fri Apr 26 07:32:37 UTC 2013
# cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
# date
Fri Apr 26 16:32:41 JST 2013

2013/04/28 15:40 追記: @j3tm0t0 さんより、アドバイスをいただきました。

ZONE="Japan" としておくことで、/etc/localtime のコピー元を指定できるわけですね。以下のように記述しました。

/etc/sysconfig/clock:

ZONE="Japan"
UTC=false

@j3tm0t0 さん、ありがとうございます!m(__)m

その他の項目については、しばらく様子を見てみないと分かりませんが、今のところは通常通り運用できています。 では、良い AWS ライフを。